蘭室の友

一天四海本因妙広宣流布と自他の進化を目指す

書評

人生はカネじゃない! 

堀江貴文

 

ホリエモンこと堀江貴文氏の最新刊が

Amazonから今日届いた。

ちなみに、ぼくは、堀江氏の本の愛読者だ。

 

その堀江氏が「闇金ウシジマくん」を題材に書いた

本がこれ「人生はカネじゃない!」だ。

 

 

「世の中は奪い合いだ。奪(と)るか奪(と)られるかなら、俺は奪る方を選ぶ!」

 

という「闇金ウシジマくん」の主人公の言葉から、資本主義社会の基本概念をとらえさせていく。

 

「闇金ウシジマくん」では、

「奪られる方」の人間とは、

 

後先考えずに借金をして、

破滅へ向かう人間として描かれている。

 

ホリエモンは、

 

ここで何も考えずに、漫然と働き、空いた時間のほとんどをスマホゲームに

熱中しているようなサラリーマンも、

 

いますぐ危機意識を持つべきだと主張する。

 

そして、「奪られる方」にならない方法はいくらでもあり、

誰にも騙されずに、自分のカネを守り安心して過ごしていくのは難しくないという。

 

目先のカネではなく、自分が奪られる側にいるという事実を認識し、

「奪られない」ための知恵と実践的な方法を学ぶべきだと主張する。

 

そんな方法を「闇金ウシジマくん」を題材に、

 

✔なぜ簡単に「奪られる方」に回ってしまうのか

✔なぜ自分は「奪られる方」にいることにすら気づかないのか

 

をこの本では解析している。

 

奪られるのはカネだけではなく、

あなたの時間であったり、

あなたの考え方であったり、

あなたの生き方そのものが

奪われていくんだと警告している。

 

「奪られる方」から「奪る方」へ

世の中は残酷だけれどこれが真実なんだな。

-書評
-