蘭室の友

一天四海本因妙広宣流布と自他の進化を目指す

邪宗

元創価学会信者の邪難⑬

 邪難者の主張  1、真蹟の残っていない御書は、全て真偽未決御書である。  2、だからそれらの御書は日蓮が書いた御書とは言えない。  3、法華経を依文としていない御書も偽書。だから大日経などを引文している御書は全て偽書である。  4、もし法華経を依文としていない御書を日蓮が書いたと言うならば、日蓮を否定する。  5、ただ、今は真蹟が残っている御書には、上記の矛盾が無いので日蓮を信じている。  概要こんなところか。  なるほど主張の内容は、日蓮宗各派と同じわけだ。  結局 相伝部も含めて、自分に取って都合が悪くなる御書は全て偽書扱いにして批判をかわしたいということか。  何とも自分勝手な主張ではある。  
         

-邪宗