蘭室の友

一天四海本因妙広宣流布と自他の進化を目指す

対創価学会

創価員にみる大衆性(メルマガ記事転載)

前回のチラシ撒きみたいな活動の具体的なあり方(各論)ではなく、 総論的な思考の部分をシェアしたいなぁと思います。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 1、「大衆」とは 2、 創価学会員=大衆 3、 少数派としての法華講 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 1、「大衆」とは あなたは、「大衆」と言われて何を連想しますか? できれば ちょっと考えてから 次 読んでくださいね。 ↓ ↓ ↓ 準備は いいですか? 大勢の人・民衆・みんな・一般の人と いうような意味でしょうか。 ならば  あなたは「大衆」ですか? 「大衆の反逆」という本を書いた哲学者のオルテガは、 その著作の中で「大衆」をこう定義しています。 「大衆とは、みずからを、特別な理由によって、  ーーーよいとも悪いともーーー評価しようとせず、  自分が<みんなと同じ>だと感ずることに、  いっこうに苦痛を覚えず、他人と自分が同一であると感じて  かえっていい気持ちになる、そのような人々全部である。」と。 さらに、大衆の特性として 「大衆は、すべての差異、秀抜さ、個人的なもの、  資質に恵まれたこと、選ばれた者をすべて圧殺するのである。  みんなと違う人、みんなと同じように考えない人は、  排除される危険にさらされている。」 ここまで読んで 何か 「大衆」って わかってきました? 私達の知る人たちの中に、 オルテガの言う「大衆」にそっくりな人たちいませんか? そう 私は、オルテガが語っている「大衆」というのは、 まさに「創価学会員」のことだって思うんですよね。 (ここは「顕正会」に置き換えてもいいかも。)   2、 創価学会員=大衆 自分のしていることが、正しいか間違っているかの判断を 自らしようとしないで、 創価学会という「組織」の一員であること、 そして「組織」から言われている事(やらされている事)を 無条件に受け入れようとしている姿が  まさに創価学会員そのものだと思います。 そして 自分たちと違う人、自分たちと同じように考えない人を、 排除しようとするところなんか もう 全くその通りではないですか。 そういう意味でも 私達は、 「大衆」であってはならないと思います。 いつの間にか 「みんなと同じ」だからそれでいい。という 感覚でいると、知らず知らずのうちに「大衆」化してしまうんですよ。 創価学会ではよく「民衆」と言う言葉使われていますが これは「大衆」と同義または類義語なんですね。 このことからも、まさに創価学会がいかに 「大衆」の集団であるか、と言うより 「大衆」であることを目指している団体だということが よくわかりまよね。 平成2・3年に第二次宗門問題がおきたとき、 「何で自分は、何の疑問も持たずに創価学会の中に居続けたのか」と 今 あらためて思うと、まさに「大衆」の中の一人だったんだなぁと 思うわけです。 3、少数派としての法華講 さらに「大衆」をもっと大きな枠でとらえれば、 それは未だ正法を信じていないすべての一切衆生とも 言えますよね。 だから私達は、「大衆」でないことを特徴とした集団であるべきだし、 ある意味、常に少数派であるべきだと思うんです。 これは何も一切衆生の成仏・広宣流布を否定する事では ないんですよ。 少数の人間が、多数の人々から分離するために団結するという ことなんです。 これは、まさに今の法華講のあり方と一致するなぁと思います。 各支部(少数派)を形成する事で、 多数の人々(大衆)から分離するというのは、 広宣流布を目指す上でも、 とてもいい組織のあり方なんじゃないですかね。 今回は少しアカデミックな感じ(?)で 考えている事を伝えたいなぁと思い書いてみました。

-対創価学会