蘭室の友

一天四海本因妙広宣流布と自他の進化を目指す

教学

妙法七字拝仰【5】

では 「南無」の続き いこうか。  前回は「南無」の意義に  「帰命」があるよってところ    まで だったね。   http://lionimp.blog84.fc2.com/blog-entry-125.html    で「帰命」とは ってことだけど、  命を帰すということだね。  そのままじゃんって  ツッコミはしないでね。(笑)  自分の信仰の対象に  自らの命を帰すっていう意味だね。  だから ある意味 恐いんだよ。  間違った信仰に 帰命しちゃうって ことがさ。  学会のニセ本尊何かに  帰命しちゃったら どうなんのって話だよ。  脱会した人は   もう   自分の経験でよくわかっているよね。    だからさ 大聖人様はこうお説きなんだよ。  「本尊とは勝れたるを用(もち)ふべし」  日蓮正宗の御本尊様 なかんずく   三大秘法の本門戒壇の大御本尊様 と    創価学会平成5年作成ニセ本尊 と  あなたは どっちに帰命するんだよってこと。    もう明らかじゃん。  さらに「南無」には「没我」  っていう意味もあってね。    帰命する対象に対して、  自分自身の我を没するということ  なんだよ。  だから自分自身の我が強くて、  正直じゃない人は  帰命できないんだよ。  だからちょっとぐらい  人より何か優れたところがあるとか  って 自分にうぬぼれてるような人は  帰命の心が足りないってことだね。    次は 人生に付きまとう「諸苦」について    お話ししますね。

-教学