蘭室の友

一天四海本因妙広宣流布と自他の進化を目指す

対創価学会

樋田×青木 対談004 極秘 あなたの知らない創価ニセ本尊の実態

後半は非公開メルマガ読者限定 メルマガ登録はこちらから 創価学会の本尊が「ニセモノのわけ」 のつづきからだね。 前回の動画で 「なぜ創価学会の本尊がニセモノなのか」 の理由として、 日蓮正宗の御法主上人猊下様の 「許可・認可がない」って ことをあげたよね。 今回の動画はさらに、 ニセ本尊っていう理由として、 「末寺で御授戒も受けずに下附されてない」 ってことだね。 かつて創価学会が日蓮正宗の信徒団体だったころ。 学会員は どうやって御本尊様を下附されていたかというと・・・。 所属する末寺に行って、 「御授戒という儀式」を受けて、 「御本尊様を下附」していただいたんだね。 それをよく知っているのは、 もうおじいちゃん・おばあちゃんの世代に なっちゃったかな。 創価学会が日蓮正宗から「破門」されてから すでに二十数年 経つからね。 今 20代の人はもちろん  30代でもまだ小学生ぐらいでしょう? 生まれた時から学会の家とか、 幼稚園・小学生ぐらいの時に 創価学会に入会してるんだったら  もうそこに学会の本尊が正しいとかニセモノだとか 考える間もなく 本尊として拝んできてるんだよ。 親と一緒にね。 いまさら ニセ本尊って言われてもピンとこないんだろうな。 もうニセ本尊を正しい本尊として、 当たり前に拝んできてるからね生まれた時から。 だから 気付かない人は もうどうぞご自由にですよ。 ずっと 正しい正しいって 信じていたら。 日蓮正宗の本尊でないものは、 ニセ本尊って言ってんだからさ。   創価学会の本尊はニセ本尊なの。

-対創価学会