蘭室の友

一天四海本因妙広宣流布と自他の進化を目指す

メルマガ

樋田×青木 釧路対談リターンズ vol.9(メルマガ記事転載)

2016/08/07

 

前回の御観念文改変についての続きになります。

 

前回と変更された点に三師供養があります。

 

大聖人様と二祖日興聖人様への報恩感謝はあるのですが、

三祖日目上人様を削除しました。

 

これは、いわゆる仏法僧の僧分になるところを 二祖日興上人様しか認めないということなんでしょう。

 

日目上人以降の御歴代御法主上人を三宝に含めないという ことで、

血脈を否定しようとのあらわれですね。

 

その時に、三祖日目上人を報恩感謝の対象としては、

整合性が取れないからこれも削除してしまえということですか。

 

なら現在 創価員が拝んでいるニセ本尊のオリジナルは 日蓮正宗第二十六世日寛上人のお筆になるもの。

 

代々の御歴代の御法主上人猊下様の血脈を否定したいなら、

今後 このニセ本尊もきっと変更するんでしょうね。

 

多分 大聖人様御直筆の真筆本尊か 二祖日興上人様のお筆になる本尊 どちらかを持ち出してくるんでしょうか。

 

大聖人様の御直筆の本尊を今更 創価学会に譲り渡すお寺なんてないでしょうから、

複製してもよいという版権でも買おうということなんでしょうか。

 

御真筆本尊を所有しているお寺も、 複製ならしてもいいよ と版権ぐらいなら渡すところが あっても不思議はないのでしょうから。

 

なんかこの調子だと、 新たな ニセ本尊が出てくるのも もう間も無くという感じがしてきます。

 

昨年の会則改変、そして今回の御観念文の改変は 新ニセ本尊への伏線なのかもしれませんね。

-メルマガ