蘭室の友

一天四海本因妙広宣流布と自他の進化を目指す

保田妙本寺

突撃!日蓮富士門流札幌談所 ここにいたかⅢ~006

いよいよ玄関前に到着。  表札には確かに鳥本・札幌談所の文字が。  樋田さんと、どのように切り出すか話していた矢先、    突如玄関の戸が内側から開いた。  玄関の戸を開けて顔を見せたのは、指にタバコを挟んだ老婦人であった。  「こんにちは。鳥本御尊師のお宅ですか?」と樋田さんが老婦人に聞くと、  「ええ、そうですよ。どちら?」と訝しげに尋ねる老婦人。  「鳥本御尊師はご在宅ですか?」  「どちらの方?」と再度尋ねる老婦人。  「樋田と言います。東京から来ました。」と樋田さんが答えると、  老婦人は戸を閉めて家の 中に入って行った。   家の奥からなにやらがさごそ音がしていたので、老婦人の他に明らかに人の気 配がする。  間もなくして、再び玄関の戸が開かれた。  玄関先に出てきたのは、上下スエット姿で、角刈り程度の髪の短い一人の壮年。  もしやこの男が あの鳥本雄行か?

-保田妙本寺