蘭室の友

一天四海本因妙広宣流布と自他の進化を目指す

保田妙本寺

突撃!日蓮富士門流札幌談所 プロローグⅡ~002

はてさて如何にしたものか・・・。  そこで鳥本の居所をつきとめるべく、あちこちに手を打ってみた。  が、どれも最後はてがかりが掴めず。  万事休す。  札幌へ行く当日も、可能性のある所へ電話をしてみる。  「連絡先がわかったら、留守電でもかまいませんので、入れておいて下さい。」と携帯の電波が届かなくなる移動中にお願いしておいた。  不在着信と留守電が入っていたので、札幌のホテルへ着いて留守電を聞いてみる。  「こちらでは、わかりません。」  結局鳥本の居所はわからないまま。  いよいよ万策が尽きたか。  200万都市札幌で住所も連絡先もわからない人や建物を探しあてるなど ド素人には、しょせん無理。    とりあえず樋田さんと次の日の合流する時刻と場所を確認をしておかないと。  そしていよいよ札幌遠征の日は明けたのだった。

-保田妙本寺