蘭室の友

一天四海本因妙広宣流布と自他の進化を目指す

保田妙本寺

突撃!札幌談所 放火魔鳥本雄行との遭遇 映像編 006

 いよいよ論点は本尊儀へ移る。  御本尊書写は、法主一人の権能ではない。  唯授一人を否定したその後は・・・。  推して知るべし。  結局 本尊は誰が書写していいのかはっきり言えなくなるわけだ。  そのことの証明として  「北山の貫首が書いた本尊も駄目とは言い切れない。」という言動につながることに。  ようするに、誰が書写できて、誰ができないのか はっきりわからんということでしょう。  

-保田妙本寺