蘭室の友

一天四海本因妙広宣流布と自他の進化を目指す

対創価学会

読解力の問題か?

 相手にするまでもないが、ブログを紹介してくれる創価員がいるので、どの程度の読解力があるのか見てみようか。  http://6027.teacup.com/situation/bbs  および  http://captivated.exblog.jp/15901370/  ▼二年前に一万二千枚もばらまいたそうなのですが、結果は当日集まった一人だったとか。  ▽これは、2年前に12000枚チラシを配布し、そのチラシをそれ以来持っていて脱会したメンバーがいることを書いたのだが、これをどのように読み取ったのか 全く意味不明である。  「当日集まった一人だったとか。」との表現で何を言いたかったのだろうか。  このように何を言いたいのかわからない文章を書く事からして、既にお里が知れている。  次に  ▼チラシをまいて「下種」という発想は、以前無差別に教祖の書籍をばらまいていた幸福の科学を彷彿とさせます。  ▽実際にチラシを見て、創価学会に疑問を持ち、結果創価学会を脱会しているのだから、脱会した人に取ってこ  のチラシは下種の一因になったのではないのか。これを「下種」と表現したまでで、何か問題があろうか。  ▼また、札幌街宣といえど主体者は長野の樋田昌志さん、他二名のみという暑い北海道でもお寒い状況。  ▽樋田さん他2名とは、私の文章のどこをどう読んだらこの他2名ということになるのか、教えてもらいたい。   どの表現が、「他2名」と読み取れるのか?これも意味不明である。     ▼翌日にはさらに、長野から三名。  ▽長野から3名しか参加しなかったとどうして読めるのか。   私は、青年部・壮年部・婦人部の精鋭の方々と表記したのであって、各1名とは表現していないのだが、これを勝手に各1名と独断したのか?実際は、複数名ずついらっしゃっているのだが。  ▼そして現地の法華講員が一名の稼働状況だとのこと。  ▽これも他支部の法華講の方が合流したと書いたが、どうしてこれが1名の稼働状況という表現になるのか。   実際には、複数名の方達が来られていたのだが。  ▼樋田一派のビラ下種で、時折誇らしげに語られる「暴行事件」っぽい話題や、その場で脱会話も華をそえかろうじて体面をたもったようです。  ▽暴行事件っぽいではない。明らかな暴行そのものである。暴行罪の構成要件を学習されたら如何か。   それでも一応体面を保ったようです。と評価しているところは、潔いではないか。   その通り、チラシを見て脱会したり、この街頭折伏で実際に創価学会脱会を決意する方が現れているのだよ。  いずれにしても、ただ誹謗中傷するために、事実を歪曲して自分に都合良いように(もしかしたら本当にこのようにしか読めないのかもしれないが・・・ならばそれはそれで恐ろしい事だが)しか表現できないようである。  わからないならわからないなりに、私の文章できちんと自分が読み取れる内容で表現すればいいものを、邪推妄想独断偏見の我見で見るから、このような抱腹絶倒荒唐無稽な文章の読み取りしかできないのである。  所詮 こんなものなのだろう。創価員の読解力など。  あっと失礼これで創価員全体を推し量ってはいけませんね。  このブログを見て誹謗中傷している創価員の読解力などですね。  もう少し国語のお勉強をしてから、書き込まれたら如何か。   文科省では、子どもの学力向上のために読解力を含めた言語活動の育成に取り組んでいるが、妄想独断偏見創価学会員にもきちんと書かれた文章を読み取るリテラシーの訓練が必要なようである。

-対創価学会