青木やすし物語

Yasushi

誕生から創価学会入会まで

誕生

北海道 小樽市に生まれました。

小学校時代は、山や海が近く、

夏は海水浴、冬はスキーと 日が暮れるまで

よく遊んでいましたね。

小学校5年の時に、

自宅の新築購入と同時に

現・石狩市へ転入することになりました。

当時はまだ樽川村っていう名前で

札幌市のベッドタウンとして

新興住宅が次々と建設されている頃でした。

しかし、ほどなく

父親の多額の借金のあることがわかりました。

家を建てる前にも借金が相当あったようで、

それを隠して、家を購入したみたいです。


当然のように 

積み重なる借金を返すことができなくなったようです。

複数のサラ金からお金を借りていたようで、

間もなくサラ金が毎日のように、

家にまで取り立てに来るようになりました。

その強引な取り立てにより

おびえる日々を過ごすようになりました。

電話が鳴ってもサラ金からの取り立てだと思い、

受話器を取ることもできません。

サラ金が家に取り立てに来た時も、

居留守をつかうため、

夜は居間の電気を消して、

2Fの子ども部屋でひっそりと

過ごすような生活をしていたこともありました。

まだ「サラ金地獄」なんて

言葉も無かった時代のことです。

あの頃の取り立ては 今なら相当な違法行為なんだと思います。

こんなこともありました。

ある日、自宅にサラ金業者がやってきました。

「電話をかけてもつながらない電話なら

こんなものいらないだろう!!」

と言って、

サラ金業者が、家に勝手にあがりこんできました。

完全に不法侵入ですよね。

はさみで電話機のコードを引きちぎるように切って、

なんと電話機そのものを持っていったこともありました。

こちらも今なら器物損壊罪および窃盗罪ですかね。


当時は サラ金から身を守る法なんてものも、

ありませんでしたから、

今思えば相当過酷な取り立てだったんだと思います。

まぁ、違法行為やりたい放題の時代でした。


そんなすさんだ生活を何とかしたいと

母親が思ったのでしょう。

ある日、学校から自宅へ帰ると

何やらお経を唱えている母親の姿が目に入りました。

どうやら

近所に住む創価学会の婦人部員に

お経を読むことを勧められていたみたいです。

最初は お経なんて読んで

何をしてるんだろうと思ったのですが、

お経を唱えることに何か 興味が湧いてきました。


そこで、自分もお経を唱え始めてみることにしました。


生まれて初めて お経を唱えましたが、

何か人とは違う新しいことを覚えたようで

楽しかったなという記憶があります。

創価学会入会

その後、信心に反対していた父親を周りで説得して、

昭和53年に日蓮正宗創価学会に家族揃って入信、入会する

ことになりました。

中学生時代〜大学時代

中学時代

信心し始めた頃、

ちょうど中学で初めての定期試験がありました。

勤行して祈ることで、試験の点数の目標が叶い、

初心の功徳のようなものを感じることができました。

この信心は 何か違うという思いだけは、

この時強く心に残りました。

しばらくは、興味半分で勤行もしていましたが、

次第に勤行をすることはなくなっていきました。


生活の方は相変わらずサラ金業者が家に

押し掛ける毎日で、

心身ともに家族が疲弊していくような状況になりました。

心も本当にすさみました。

いつしか勉強も手につかなくなり、

いわゆる不良と呼ばれる友達と付き合いはじめ、

学力もしだいに落ちていきました。

中学3年になり、進学先を決めるときには、

志望していた高校のランクを下げることにもなりました。


ランクを落とした高校を受験することで、

受かって当然と試験勉強にも身が入らず、

入試の日を迎えることになりました。

高校入試の試験が終わり自宅に帰ってきて、

入試速報を見ながら解答の答えを合わせをすると、

これまで取ったことのないひどい点数に愕然とすることに

なりました。

それでも、内申点はほぼ最高点なのだから、

何とか合格はしているだろうと思っていました。

合格発表の日、学校まで結果を見に行きました。

当然 合格していると思って、

合格掲示板を見るのですが、

自分の受験番号が 何度見ても

見つからない・・・。


えっ ウソだろ。

茫然自失ということを初めて味わいました。

結局、中学の同じクラスで

高校を落ちたのは自分一人だけでした。

この時から
 
今の自分を何とかしなければと思って、

また勤行をはじめることにしました。

途方にくれながらも、

いわゆるスベリ止めに受けた高校に

通うことにしました。

高校時代

しかし、行きたかった学校ではありませんでしたので、

当然のように意欲も将来の希望もないままに

学校生活を送っていました。

そんな学校生活を過ごしているとき、

同級生とのいざかいが元で、

いつの間にか今で言うイジメの対象に自分がなっていました。

上靴を隠されたり、

下駄箱や教室の机の中にゴミが入れらていたり、

授業中教室の後ろから物をぶつけられたり、

まるで地獄のような毎日を過ごすことになりました。

何とかしたいとの思いがありましたが、

誰に相談することもできず、

自分では どうすることもできませんでした。

そんなある日、

突然、父親から昨年落ちた高校をもう一度

受けないのかと聞かれました。

前の年、高校を落ちた時に

来年もう一度受験したいって

言っていたことがあったからです。

でも、そんなこと もうできるわけがないって

諦めていました。

だけど イジメを受け地獄のような毎日を過ごしていた自分には、

どうせ落ちて、ダメでもともとって思い、

なんと前年に落ちた高校を受け直すことにしたのです。

それが 実は何と受験願書の締め切りの

前日の夜のことでした。

今にして思えば

父親が諸天の働きをしたのだなと思います。

次の日、父親が中学と高校を何度も往復してくれて、

中学に行って願書を作ってもらい、

なんとか受験することができるようになりました。

この時からです。

必死に勤行・唱題をするようになったのは。

何を大げさにと思われるかもしれませんが、

この時は、自分の一生と信仰の正しさの全てを

この高校受験に賭けていたのです。


まったく受験勉強だってしていない。

それに昨年受験に失敗して落ちた高校です。

普通に考えたらテストを受けても受かるわけがない。

でも、奇跡のようなことが起きました。

合格。

なんとこの年は、

ひのえうま生まれの年齢の受験生が受験する年で、

受験者の数が定員を大幅に下回るという

ことが起きた年だったのです。

ちなみに「ひのえうまの年」というのは、

「ひのえうまに生まれた女性は気性が激しく、夫の命を縮める」

という迷信があり、この年だけ極端に出生数が少ないのです。

結果、前年に落ちた高校を

まったく勉強してないのに受かっちゃった。

こんな奇跡のようなことが

起きるのは

この信心が正しいからだって その時に確信しました。


何も棚からぼた餅のような話を

したいのではないのです。

当時の自分には、常識では考えられないようなことが起きて

自分の願っていたことが叶ったって本当に思ったのです。

高校に合格して、新たな高校生活をスタートすることができましたが、

生活の方は相変わらずで、

結局、高校1年の時に、両親が離婚することになりました。

それからは、母と妹の3人で生活保護を受けながら、

生活するになりました。


信心に確信をもったことで、

当時、創価学会高等部の部長として

活動するようになっていました。

その頃 真駒内競技場で

第3回世界平和文化祭という創価学会の大きなイベントがあり

高等部の出演者として、参加することもありました。

高校を卒業する時には、

生活保護も受けていたし、

経済的にも余裕がありませんでしたから、

大学受験は国立1本です。

北海道教育大学に進学することになりました。

就職・バリ活への道

教員になる

大学卒業後は、

早くお金を稼がなければならなかったので

すぐに教師として働くことにしました。

就職して2・3年経った頃

平成3年に創価学会は、日蓮正宗から破門されました。

当時は男子部に所属していましたが非活で、

日蓮正宗と創価学会との関係も

よくわかりませんでした。


ですから、惰性でそのまま創価学会に所属していました。


平成7年 創価学会教育部(教育関係者の組織)の幹部(当時公立中学校校長)から

地元の学会幹部の娘を紹介されて、結婚することにしました。

この時に妻になる女性から、

 「今は みんな この本尊(創価作成ニセ本尊)に取り替えてるわよ。

 その本尊(日顕上人猊下様のお形木本尊)も取り替えたら。」

と言われて、特に何の疑問も持たずに

 創価学会の会館で

 ニセ本尊に取り替えたのでした。

 このニセ本尊を拝み出した頃からでしょうか

職場で色々な悩みが頻発するような出来事がおきてきました。

色々悩んだ末、

この悩みの原因は、

信心活動をちゃんとやらないから生活も良くならないのだと

考えるに至りました。

そして、悩みを解決するために、

創価学会の活動に活路を見出そうと、

熱心な活動家となったのでした。


子どもの頃から、この信心は正しいという思いもあったので、

学会活動を真剣にしてこなかったことが

自分の悩みの原因なのだと考えていたのです。


信心が間違ってるとは

思いませんでした。

自分の信心が足りないからだと考えたのでした。

バリ活へ

それからは仕事が終われば、

即創価学会の活動へ。


平日はもとより、土・日・祝日の仕事が、

休みの日も学会活動に費やしました。

この頃から、だんだん家庭を顧みる時間も無くなっていきましたが、

学会内では、逆に熱心な活動ぶりが評価されることになりました。

学会組織内では、

男子部の班長、地区リーダー、部長、本部長と役職が上がり、

いわゆる”バリ活”と言われる活動家となっていったのです。

しかし もともと仕事の悩みを解決するために

熱心に学会活動をしてきたのに、

一向にその悩みが解決しません。

と言うより ますます 仕事も家庭もうまくいかなくなってきました。

「もう どうしたらいいのだろう」

と、漠然とした不安と悩みをかかえながら毎日を過ごしていました。


そして、燃え尽きるように男子部を卒業。
(30代後半で壮年部へ移行しました)

でも、悩みは解決できず

結局 仕事もうまくいかず

妻との間にも 何かすきま風が吹く様なお寒い状況になっていました。

 
「何でだろう。」

「何でこうなったんだろう。」

「何かがおかしい。」

と感じはじめました。

「この信心は正しい。」

「学会活動もやるだけやった。」

でも 願いが叶うどころか

ますます 悩み苦しみが深くなっている。

この頃には、

もう 生きていくことが辛い。

地獄のような毎日になっていました。

 かつて イジメを受けていたような地獄のような毎日に。

法華講 樋田氏との出会い


 そんな時 ネットを見ていると

 ある創価学会非活の壮年部のサイトに出会いました。

 あぁ 自分と似たような人がいるなって思って見ていました。


 そのサイトを見ていると、

「こんな人たちもいるよ。」

 と、ある動画のリンクが貼られていました。

 その動画は、日蓮正宗法華講 樋田昌志氏と創価学会教宣部と

の法論をしている動画でした。


タイトルは「長野法論」

その動画を見ている時は、

「あれ学会幹部と法論してるんだねこの人。」

「随宜論って何?」

当時、法論の内容一つ一つについては 

よくわかりませんでした。

しかし、

創価学会教宣部の旗色が悪いことだけはわかりました。


 さらに 動画を見ていく中で

 樋田氏が

「ニセ本尊(創価学会作成本尊)なんか拝んで、

 人生無駄に過ごしてどうするんだ!」

 との叫びの声に

 頭の先から全身に電撃が走るような衝撃が走りました。

「そうか 自分の悩みの根本原因は、

 この創価学会のニセ本尊に全ての原因があったのか・・・。」

 その後

 色々と創価学会と日蓮正宗との関係について調べていきました。

創価学会の知られざる真実の姿

すると、

次々に今まで知らなかったことが明らかになってきました。

 創価学会・池田大作の謗法行為。過去にもニセ本尊を作成する大謗法。

 謀略体質。たぬき祭り事件の真相、言論・出版妨害事件など。

 ヒロエ・クロウ裁判(いわゆるシアトル裁判)

 芸者写真裁判の実際

 C作戦などなど。

 
 第一次創価学会問題のときに 何があったのか。

 今まで聞いたこともなかったことが

 日蓮正宗側から出されていました。


 よくケンカの時などに、


 「一方聞いて沙汰するな」と、

当事者の片方だけの話を聞くのではなく、

両方の話を聞かないと本当のところはわからない。

と言われていますが、


学会員は、創価学会側だけからの話を聞いて

日蓮正宗や日顕猊下を誹謗中傷していますよね。


 創価学会にいれば、創価学会のメディアを

 通した情報しか入ってきません。

 情報源は、

 池田大作の指導、聖教新聞、創価新報、

 本部幹部会同中、地元幹部の指導など。


 結局 創価学会側からの情報だけを

 鵜呑みにして聞いてるわけです。
 
 日顕猊下様のことも、

 日蓮正宗のことについても、

創価学会が言っている指導していることしか

末端の会員には伝わっていません。


 聖教新聞や創価新報で 日蓮正宗側の言い分も

 書いてありますよって 言っても

 それこそ そんなの創価学会にとって

 全部都合良く編集してるわけじゃないですか。

 創価学会にとって 都合の悪いことを 正直に載せますかって話です。


 だけど、日蓮正宗側は全然違いました。

 事実や経緯の資料は、全文公開。

 たとえ 後で誤りを認めたところも包み隠さず

 堂々と公開しています。


 どちらが真実を伝えているのか?

 どちらの態度が真実を伝えようとしているのか?

 もう「推して知るべし」 ですよね?

ごまかしていた創価学会 

創価学会の不誠実が決定的だったのは 

「芸者写真裁判の東京地裁の判決」です。

 それまでは 創価学会は正義の団体、人権の団体、平和を推進する団体

 日蓮大聖人様の仏法を正しく世に広めている唯一の宗教団体だって

 思っていたわけです。

 ところが、東京地裁の判決を読むと、

 「創価学会側が日顕猊下を落し入れることを目的に
 写真をねつ造した。」

とはっきり判決文に書かれているのです。


 裁判所が 事実関係を調べないで 

判決を下すわけがありません。


 それまでは、

「学会は正しい」「正義の宗教団体」と信じてきたのに、

そうじゃなかったのか。


 創価学会が 写真をねつ造?


 「どうして正義の創価学会 悪を破し、

正義を顕揚する創価学会が

写真をねつ造する必要なんかあるんだ。

そんな ことをするわけがないじゃないか。」


 でも、東京地裁は創価学会が写真をねつ造したことを

裁判で認める判決を下した。

 じゃあ 東京地裁の判断が間違っていたのか?


 しかし、その後の上告審を追っても 

この写真ねつ造の事実はくつがえっていない。


 と言うことは

 「えーーっ! 

 創価学会は ウソをついてたっていうことーっ。」

パラダイムシフトがおこる


 そこで あらためて樋田さんの主張する

 創価学会の本尊がなぜニセモノなのかの根拠を

調べてみることにしました。


 創価学会のニセ本尊が

 今までの不幸の原因であることを前提にすると、

 これまで漠然としていたモヤモヤが

全てきれいに解決していくのです。

 
 まるで ジグソーパズルのパーツが

 一つ一つはまっていくようにわかるようになってきました。


 これが パラダイムシフトってことですね。


 同じものを見ていても 見方を変えると

 全然別のものが見えてくるってことと一緒です。

 創価学会・池田先生は、正しいっていう前提条件が

 くつがえり ウソをついていたっていう見方に

 変わった瞬間 パラダイムシフトが起こったのです。

日蓮正宗に帰伏する 

日蓮正宗にもどる

創価作成ニセ本尊を拝めなくなり、

かと言って、

日蓮正宗が本当に正しいのかわからなくなり

混乱していました。

そこで、樋田氏の言うように創価学会の本尊がニセ本尊なら、

正しい本尊を拝めば、

違いがわかるのではないかと考え、

地元の日蓮正宗のお寺を恐る恐る訪ねてみることにしました。

なにせ、これまで学会にさんざん洗脳されてきているので、

お寺は魑魅魍魎(ちみもうりょう)が跋扈(ばっこ)

するところぐらいに思っていましたから。

そのお寺の御住職が玄関にあらわれ、

いろいろとお話を聞いていただきました。

帰り際には、

お数珠とお経本と創価破折の本などをいただきました。

さっそく自宅に帰り、日蓮正宗は、

どんなことを言っているのだろうと渡された本を読んでみました。

すると、それまで知らなかった創価学会の邪義・謗法行為が

書かれているではありませんか。

これで、完全に創価学会は間違っていると確信しました。

ただし、家族のこともあるので、

すぐに日蓮正宗に戻るわけにもいかず、

悶々と悩んでいました。

そこで、樋田氏に直接連絡を取り、

なんとか日蓮正宗にもどることになりました。

創価学会からクビを宣告される

多くの学会員に創価学会の邪義・謗法行為の害毒を伝えようと、

地元の学会員にそれとなく最近の創価学会についてどう思うか聞いていました。

それを聞きつけた学会幹部が数人自宅にやってきました。

「戒壇の大御本尊様にお会いしたいと思いませんか?」と聞くと、

「もうそんなところに(御山に)行きたくないわよ!!」

と答える総県婦人部幹部。

そして、創価学会本部職員(元方面男子部長)が自宅へ来て、

 「お前は創価学会をクビだ」と手のひらを首にあてて宣告していき、

 創価学会を強制的に退会させられることになりました。

逆境の嵐が吹き荒れる

さらに、創価学会幹部の義父からは、

離婚することになるからなと告げられ、

同じく仲人の教育部幹部からは、

「もう、異動人事の時に協力してやらないからな。」と

話していきました。

ちなみにこれまで一度も異動人事の時に便宜を図ってくれなんて

頼んだことはありませんよ。

半年後には、妻が二人の娘たちを連れて別居することに。

さらに、職場の校長から異動の内示を受け、
 
転任して1年にも関わらず、

管内にある僻地校への異動を命ぜられました。

同居を求める調停に応じない妻からは、

子どもの親権、

養育費、多額の慰謝料を請求され、

離婚裁判で訴えられることにもなりました。

まさに創価学会の組織を利用した

誹謗中傷、圧力にさらされ、

創価学会の謀略体質を、

身を以て経験する事になりました。

爾来15年、

現在は、自分と同じように

創価学会ニセ本尊の害毒により

悩み苦しむ創価学会員を

一人でも多く救おうと日蓮正宗法華講として活動しています。

記事URLをコピーしました