蘭室の友

一天四海本因妙広宣流布と自他の進化を目指す

対創価学会

ある創価学会員のブログをみて

 もともと創価学会員だった私が ふとある壮年部の方のブログを見た のが 縁となっております。  まぁ この方のブログから toyoda.tvの動画を見たことから始まった わけです。  そしてこの壮年部の方に 法華講となってから 彼の我見を破折したの ですが・・・。  彼は創価教学を頑迷に信じておりまして、(男子部時代は広宣部にいたとのこと)  一向に自分の我見をあらためるつもりはないのです。  創価学会広宣部のテキスト「教宣ハンドブック」をまともに信じていますから。  彼は 今の創価学会を否定しているにもかかわらず  日蓮正宗も汚れていると否定しているのです。  ですから 最終的には、自分で考えること、自分らしくこの人生を  生きることが日蓮大聖人の仏法ではないかと 考えているのです。  依って立つものが何も無いので 結局は自分しか信じられないとう  ことでしょうか。  彼の論の卑怯なところは、創価学会の矛盾を指摘されると 「創価学会も日蓮正宗もお互い目くそ鼻くそである」との結論です。  どっちもどっちだと 最後には論から逃走するわけです。  あんた結局何が言いたいの とこうなるわけですが、  彼は それで悦に入っているのでしょうか。  まぁ 御書も読まない今の創価学会員に 御書の御文から云々と さも  大聖人様が このように言っていると 解釈されれば  それを信じてしまうのも止むを得ないのでしょう。  でも 彼の文章を読むと 御書は切り文 都合の良いように  勝手に解釈して 引用しているだけです。  また 彼お得意の我見が必ず出てきます。  ですから文末が「~と思う。」「~ではないでしょうか。」  となっているのです。  大聖人様が 御書にこのように書かれているのは  こういうことではないでしょうか。というのが彼のお決まりの  論の展開です。    ちなみに彼は大聖人様のことを「日蓮さん」と「さん」付けで  呼んでおります。  これだけでも どれほど彼が慢心をおこしているのかわかるでしょう。  大聖人様が示同凡夫のお姿をとられたことを  いいように解釈しておりまして、「人間日蓮」なんですと。  あなた 仏と凡夫の違いがわからないかね。  それは 一生成仏、一念三千の法理から 確かに  凡夫が仏に成ることを説かれているけど   だから 即 仏と凡夫は同じだということにはならんでしょう。  日蓮大聖人様は、「三世諸仏総観文教相廃立」において  「釈迦如来五百塵点劫の当初、凡夫にて御坐せし時、我が身は地水火風空なりと知ろしめして   即座に悟りをひらきたまひき」と述べられ、   即座開悟の仏つまり本地は久遠元初自受用法身如来様であることを明かされているのです。    ここを彼が読むと 仏も元々は我々と同じ凡夫だとでも読むのでしょうかね。  じゃあ あなた 是非 いますぐに 即座に開悟して 仏の悟りを開いてご覧なさいな。  となるわけですが あなたできますか?    彼の偏った教学 まぁ 我意・我見だということに  自ら気づかなければ 自分が正しいと今後も思い続けるのでしょうが。  次回は ニセ本尊に対する 彼の妄説を破折してみましょう。          

-対創価学会