蘭室の友

一天四海本因妙広宣流布と自他の進化を目指す

邪宗

元創価学会信者の邪難⑥

 「創価学会のニセ本尊は、開眼がなされていない」と  御隠尊猊下様および御法主上人猊下様が仰っている事を知らない邪難者。  前提となっている御開眼について全ての権能を持たれる御法主上人猊下様が、「創価学会のニセ本尊は開眼がなされていない」と言う以上 創価ニセ本尊の「開眼について」は、何も言えなくなってしまった。  そんなことも知らずに創価ニセ本尊の開眼について、邪難をつけていたのかね。  自説に都合が悪くなったとみたのか、この後の話の方向は活動の在り方に逃げて行く。  

-邪宗