蘭室の友

一天四海本因妙広宣流布と自他の進化を目指す

邪宗

元創価学会信者の邪難⑱

 「法華経の題目を以て本尊とすべし」の邪難者のお粗末な我見による読み方。  1、法華経の題目とは、南妙法蓮華経(のお文字)である。  2、だから南妙法蓮華経と書いてあれば、それで本尊になる。  3、本尊となるのだから、それは本尊として開眼された事になる。  4、したがって、南妙法蓮華経と書けばそれが開眼したことになる。  との邪難。  1、法華経の題目を南妙法蓮華経のお文字としか読めない浅識。  2、文字曼荼羅として表されていることと、開眼され本尊となることを立て分けられない我見。    すでに「草木成仏口決」を引文したところで、この説明はしたのだが違いがどうもわからない邪難者。  
 

-邪宗