蘭室の友

一天四海本因妙広宣流布と自他の進化を目指す

対創価学会

札幌夏期遠征④~えっ!ラリアットされる!

そして迎えた日曜日。  夏休み最初の週末。天候は晴。    この日も札幌駅構内はキャリーバッグを引く観光客や帰省客の波。  もちろんショッピングで賑わう札幌市民も大勢行き交っています。  さて、札幌駅前街頭折伏第2弾。  長野からは青年部・壮年部・婦人部の精鋭の方々が到着。  滋賀からは、ご存知Tさんが、到着。    いざ始めようとのぼりの準備をしていると、ご住職が担当されているお寺の講員の方が  活動を見たいと合流されました。  前日よりさらにパワーアップした街頭折伏。  私は、広場の先の交差点で創価脱会相談のぼりを持ってシャウト。  滋賀のTさんは、もう百戦錬磨。  交差点で信号待ちしている多くの札幌市民も大注目。    配られたチラシをじっくり読み返す人。  交差点で立ち止まり、振り返り振り返りずっとこちらを睨みつける人。  (あなた学会ね。そうあなたに言っているのよ。)  創価学会ニセ本尊の害毒の恐ろしさが、多くの札幌市民の知るところとなりました。  街頭折伏をしている最中、Tさんが学会員を折伏。  その方は、創価学会脱会を決定されました。  また、Tさん。今度は強面の学会員に絡まれた模様。  何と その学会員いきなりTさんにラリアット!  おいおい 公衆の面前で立派な暴行だろう、それ。  周りの一般市民はその様子を遠巻きに見ていたそうです。  創価学会員の異常性が世の方達の知るところとなったようです。  いきなり殴り掛かってくるなど、もう学会員は正気の沙汰ではありません。  すぐ近くに交番もあり、警察官もいたので、暴行罪の現行犯で捕まえてもらってもよかったのですがね。  あっという間に予定の2時間が過ぎ、大成功の内に終えました。  参加された皆様 お疲れさまでした。

-対創価学会