蘭室の友

一天四海本因妙広宣流布と自他の進化を目指す

対創価学会

樋田×青木 対談011 極秘 あなたの知らない創価ニセ本尊の実態

動画後半は非公開のメルマガ読者限定とします。 メルマガ登録読者の特典としますので、続きを 見たい人はメルマガに登録しておいてね。 ↓    ↓    ↓ メルマガ登録はこちらから 樋田さんも同じこと考えてたんだね。 やっぱり”パラダイムシフト”が 学会洗脳を解く鍵なんだよ。 ちょっとでも言いから もしかしたら”学会の本尊はニセ本尊か?” って 考えてみなよ。 この洗脳が 解けると いままでのモヤモヤしてた思いが 全部 すっきりするから。 そうだなー。 霧とかモヤで ぼんやり見えてた風景が 霧が晴れた途端 すっきりと姿をあらわす感じに 似てるかな。    おもしろいように 疑問に思っていた事が わかってくるから。 これはね。 やっぱり経験しないとわからないんだよ。 いつまでも 「創価学会が正しい。」 「絶対正しい。」 「間違ってない。」 「池田先生は正しい。」 「偉大だ。」 何て 考えている人には わかんないんだよ。 自分は創価学会に洗脳されてないって思うなら それこそ 逆の立場から考えてみて 検証してみなよ。 えっ? そんなことできない? 客観的に正しいって判断してるって言いたいなら 何も恐れる事無いじゃん。 学会の本尊はニセモノかもって 考えてみなよ。 ちょっと勇気を出してみなって。 このちょっとした勇気が大切なんだって。

-対創価学会